堺市、 南大阪の貸店舗・オフィスをお探しならセンチュリー21ウィルハウスへ!

センチュリー21ウィルハウス 店舗専門サイト
TOP > 用語集

用語集

賃貸や建物に関しての専門用語を集めました。

敷金

敷金とは、貸主様に預けるお金のことです。原則的には退去後返金されます。ただし、賃料の滞納があったり、補修費が実費で差し引かれることがります。

礼金

礼金とは、文字通り「お礼」という意味のお金で貸主様に支払い、戻ってこないお金です。

保証金

保証金とは、関西地方(一部除く)で入居時に家主さんに支払うお金です。退去時、解約引きを差し引いて返金されます。ただし、賃料を滞納していたり修繕費などを引かれる場合があります。

共益費

共益費とは、共用施設の維持管理費用として毎月支払う費用です。

RC造

RC造とは、Reinforced Concreteの略で鉄筋コンクリートのことです。

あおり止め

あおり止めとは、ドアなどを開けたまま止めておく金具のことです。ドアが風にあおられて閉まるのを防止する役目もあります。

上がり框(あがりかまち)

上がり框とは、玄関や土間の上がり口に取り付ける部材のことです。

アコーディオンカーテン

アコーディオンカーテンとは、蛇腹形に折りたたむことによって開閉することができるカーテンのことです。

アジャスター

アジャスターとは、床の不陸を調整して水平に保つために取り付けられる調整金具のことです。

アトリウム

アトリウムとは、ガラス張りの天窓を持つ空間で、屋外とつながった雰囲気を醸し出している空間のことです。

アネモスタット

アネモスタットとは、天井吹き出し口で空調用に設けられたもののことです。羽根を数枚重ねたような断面を持っており、吹き出し口から吹き出される空気が放射状になり、拡散性があるため室内の空気とよく混合されるという特徴があります。

アパレル

アパレルとは、衣服、装いのことで、「アパレルメーカー」のことを「アパレル」と略す場合が多いです。

アプローチ

アプローチとは、敷地の入り口から建物の玄関までの通路のことです。

アルコーブ

アルコーブとは、室内や廊下などの壁面を後退させて造られた小さな空間のことです。

アンダーコート

アンダーコートとは、ムラ・にじみの防止、上塗り塗料の付着性、目止めを高めるための下塗りのことです。

アンダーレイ

アンダーレイとは、カーペットを敷き込む時に床との間に敷くクッション材のことです。

イニシャルコスト

イニシャルコストとは、設計料や建設工事費など建物や設備を作るためにかかる初期投資費用のことです。

インシュレーションボード

インシュレーションボードとは、軟質繊維板のことです。

インテリア

インテリアとは、建物の内部・店内のことを言います。店内の内装や家具、什器などの装置、装飾をさすことが多いです。

ウィンドウトリートメント

ウィンドウトリートメントとは、窓回りの機能や装飾をデザインし、適切な状態を作り出すことです。

SRC造

SRC造とは、Steel Reinforced Concreteの略で鉄骨鉄筋コンクリート造のことです。

エクステリア

エクステリアとは、インテリアに対して建物の外観の意匠等をエクステリアといいます。特に建物の正面はファサードといい、よりしっかりした意匠が施されることによって人々の注目を集めることができます。

エントランス

エントランスとは、店内の入り口部分のことです。

オーニング

オーニングとは、カンバス地などでできた日よけ・雨よけのことです。日光の直射を避けたり、雨よけのために窓や出入り口、壁などに取り付けられます。

オイルステイン

オイルステインとは、木材に用いられる油性ペイントのことです。木目を活かした着色をすることができます。

オーク

オークとは、広葉樹の常緑高木のひとつで、材色は白、または赤みを帯びているものを言います。硬質で耐久性がある木材なので家具として多用されることが多いです。高級な内装材としても用いられます。

間接照明

間接照明とは、照明器具から直接光を当てるのではなく、光源を遮光して、直接光を避け、天井や壁などに反射させて間接光とする証明方法のことです。

基本設計

基本設計とは、店舗(建築物)の概略を決める設計、または概略を決めた設計図面のことです。

基本設計図

基本設計図とは、設計の初期段階で、施主に対するプラン提案、打ち合わせのために作成される基本的な図面のことです。

キャットウォーク

キャットウォークとは、店舗における点検や作業のために高所に設けられた狭い通路のことです。

クッションフロア

クッションフロアとは、ビニール製のクッション性のある床材のことです。

躯体(くたい)

躯体とは、建築物の構造体のことで、建築物の骨組みにあたる最も重要な部分です。

クラフト

クラフトとは、手芸品、工芸品、民芸品などの人の手によって作られたもののことです。

グリーストラップ

グリーストラップとは、厨房や調理場から出る排水の中に含まれている油脂分及び残飯が配水管に流入して配管を詰まらせないように防止する装置のことです。

クロス張り

クロス張りとは、壁や天井の仕上げ方法のひとつで、シート状の仕上げ材を張った状態またはクロスを張ることをいいます。

珪藻土(けいそうど)

珪藻土とは、内外装に使用される壁材のことです。吸湿性・放出性、結露やカビの防止、脱臭性に優れています。

化粧合板

化粧合板とは、表面に仕上げ材として何らかの処理を施した合板のことです。主に内装仕上げ用としてつかわれます。

欅(けやき)

欅材は木肌が美しく、強靭性・弾力性に富み、湿気にも耐え、用意に加工することができる高価な材木です。建築材、装飾材、床回り材、家具材、工芸品材など多くの用途に使われています。

建築基準法

建築基準法とは、建物を建築する時に関わってくる最も基本的な法律のことです。建築物の敷地と道路との関係、構造・設備や用途に関して規制を受けます。

工事監理

工事監理とは、設計図書の通りにつくられているかどうかを確認・検査し、設計内容が不明確な点・不備不足な点を調整・修正する業務のことをいいます。「設計管理」や「管理」といわれることもあります。

工事施工者

工事施工者とは、実際に建物の工事をする人・会社のことをいいます。

工程表

工程表とは、工事がいつ始まり、いつ終わるのか、工事着工から完成引渡しまでの工事日程を表にしたスケジュール表のことです。

コーキング

コーキングとは、サッシまわりや窓枠などの周囲、部材の継ぎ目部分などの小さな隙間にパテ状の充填材を詰めることです。この充填材のことをコーキング材といいます。

採光(さいこう)

採光とは、建築物の内部に自然光を取り入れることです。

サーキュレーター

サーキュレーターとは、室内の空気を循環させるための装置のことです。

座面高(ざめんだか)

座面高とは、床から座面がある位置の基準点までの垂直距離のことです。

仕上げ材

仕上げ材とは、内装・外装の仕上げをそれぞれ表にまとめたものです。各部の下地、仕上げ材料、塗装などの仕上げ方法の指示を記入する他、造作や付帯設備などを書き入れることがあります。

シェード

シェードとは、上下の方向に昇降させながら開閉させることができる窓の装飾のことです。

漆喰(しっくい)

漆喰とは、主に接着や目地の充填に用いられる建築材料のことで、土で造られた壁の上塗り材としても用いられます。

実施設計

実施設計とは、施主による基本設計認証後、これに基づいて工事の実施に必要でかつ、工事施工者が工事費明細書をつくるために必要で十分な設計図書を作成する業務のことです。

集成材(しゅうせいざい)

集成材とは、いくつかの木材を貼り合わせて作られた木材のことです。

仕様書

仕様書とは、工事内容のうち図面では表現できない事項を文章や数値で表示した設計図書の一種です。主に構造、施工方法、材料、部品、設備、仕上げ程度などを記載しています。

スキップフロア

スキップフロアとは、床の高さを半階ずつずらして、配置してある建物の建て方のことです。

スパン

スパンとは、柱と柱の間隔のことを指します。通常は6〜7mくあいでこれよりも広いものをワイドスパンといいます。

成形合板(せいけいごうばん)

成形合板とは、薄い単板を積層接着し、形を作りながら圧着した合板のことをいいます。

設計図書

設計図書とは、建物を建築する上で必要な図面や仕様書の総称のことです。

施工監理

施工監理とは、設計内容および施工計画どおりに施工が進められているかということをチェックすることです。

セントラル空調

セントラル空調とは、集中形式の空調のことです。一括して運転するので、個別に温度を上下させる自由がきかないという部分があります。

ダウンライト

ダウンライトとは、天井に埋め込まれた下方を照らす証明のことです。

帳壁(ちょうへき)

帳壁とは、構造耐力上で、他の部材などを支持せずまたは耐力を負担しない壁のことをいいます。

坪単価

坪単価とは、店舗を建てる時の、床面積1坪当たりの工事費のことで、1坪は約3.3平方メートルになります。

テクスチャー

テクスチャーとは、素材感のことです。

デッドスペース

デッドスペースとは、有効にいかされてない空間のことをいいます。

天井高

天井高とは、床から天井までの寸法のことで、建築基準法では、2.1m以上と定められています。

動線(どうせん)

動線とは、建物の中で、何かの行為をする時に人が動いた軌跡のことです。

トップライト

トップライトとは、天井に設けた窓のことで、日中の太陽光を効率よく室内に取り込み明るい空間を作ることができます。

内装工事

内装工事とは、基礎工事、土木工事が終わって建物が建ってから取りかかる工事のことです。

内装材

内装材とは、内装を仕上げる際に使われる材木や素材のことです。

難燃焼材

難燃焼材とは、不燃性の塗料などで加工を行い材木を燃えにくくした素材のことです。

貫(ぬき)

貫とは、木材建築の軸組を補強する木材のひとつで、柱を貫くように穴を開けて差込み、柱と柱をつなぐ横木のことです。

根太(ねだ)

根太とは、床仕上げの下地骨組みのことです。

延床面積

延床面積とは、店内の各階の床面積を合計した面積のことです。

ノンスリップ

ノンスリップとは、階段の踏み板の端部に付いている滑り止めのことです。

まぐさ

まぐさとは、開口部の上部に設けられる水平の横架材のことです。

マスキング

マスキングとは、騒音の周波数帯に別の周波数帯を用いて共鳴させ、発生音を打ち消す消音方法のことです。

目地(めじ)

目地とは、建築部材などにおいて隣接する量部材間の境界の部分の名称です。

メゾネット

メゾネットとは、2階建ての一戸建のように室内上部へ行く階段があり、一戸建に近い間取りの内部空間のことをいいます。

モルタル

モルタルとは、セメントあるいは石灰と砂を混ぜて水で練った素材のことで、砂利の入ったコンクリートとは区別されます。

御影石(みかげいし)

御影石とは、御影地方でとれた花崗岩のことです。硬度が高く、吸水性は低い、磨くと光沢が出るなどの特徴から建築物の外装・内装材、テーブルなどの天板に用いられます。

無垢材(むくざい)

無垢材とは、合板等ではない、原木の木材をいいます。

養生(ようじょう)

養生とは、工事中に建物が汚れたり、近隣に塗料が飛散しないように覆いなどをかけて保護することです。

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインとは、性別や年齢に関係がなく、誰もが使いやすく安全であるようにデザインされた空間のことです。

ライフコート

ライフコートとは、採光のためにつくられる中庭のことです。建物内に吹き抜けをつくり、その吹き抜けに面して窓を設け、間取りの関係で自然光が入りにくい場合などに有効的に光を入れることができます。

ライフサイクルコスト

ライフサイクルコストとは、建物にかかる最初の建設費(イニシャルコスト)だけではなく、その後の管理費や光熱費、改装費などで構成されるランニングコストも含めて評価されます。

リノベーション

リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して、性能を向上させたり価値を高めたりすることです。

ルーバー

ルーバーとは、日照調整のために天井または壁面に設けられている固定または可動式の羽根状のもののことです。

ロールスクリーン

ロールスクリーンとは、巻き取り式の遮蔽のための布のことです。